受付
9:00~12:00/14:00~18:00
※土曜日は17:30まで

オンライン初診受付予約はこちら 診療のご予約はお電話はこちら 088-698-0555

安心して治療を進めていただくために

当院では、患者様が相談をしやすいように初診の問診から治療終了後のメインテナンスまで、治療の区切りごとにスタッフから説明を行います。

1.問診・応急処置

お口の状態と健康状態を問診票に記入していただきます。
その後、問診スタッフが、問診内容の確認を兼ねてお話を伺わせていただきます。

*がまんできない痛み、腫れ、脱落など救急事態の場合は応急処置を行います。

2.検査

現状の問題点を明らかにするため必要な検査を行います。

  • レントゲン撮影(虫歯・根先の病巣・歯周病によるあごの骨の状態がわかります)
  • 歯周病検査(歯周ポケットの測定・歯の動揺・歯ぐきの炎症レベルなど)
  • 口腔写真撮影(モニターで自分の歯を見ることで、奥歯の問題点もよく理解できます)

3.検査結果の説明と治療方針のカウンセリング

口腔内の現在発生している問題点と、これから問題となるものまで説明します。また、治療箇所と治療内容を説明させていただき、治療の順序を患者様と相談しながら一緒に決めていきます。
治療の計画がほぼ決まりましたら、治療期間・費用などをご提示し、治療計画が確定します。虫歯や歯周病は保険範囲内でほとんどの場合は治療することができます。審美的な見た目の美しさ・長期的に安定する材質・先進医療・アレルギー問題を考慮した治療をご希望される場合には、ご希望にあった治療方法をご説明いたします

より詳しいご説明

正確な診断に基づき最適な治療方法を導き出す

高田歯科クリニックでは患者様の患部の状態に応じてレントゲン撮影方法を選択しています。

患部周辺だけを撮影する従来のレントゲン撮影、口腔内全体を撮影するパノラマ撮影、歯・歯を支える骨の内部構造・神経の位置まで立体的に確認できる歯科用CTスキャナーまで揃えています。

虫歯の治療においてはもちろんのこと、歯周病の治療計画や治療中の経過観察の際は歯列全体の確認をし、最適な治療方法を導き出すことが重要です。
親知らずなどの埋伏歯(あごに埋もれている歯)を抜歯する歯根の位置や方向等を確認することが必要ですが歯科用CTスキャナーの撮影により埋伏歯と周囲の歯や神経管との立体的位置関係を容易に確認することができます。

正確な治療を行う

当院では必要のある患者様には、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用し、肉眼の20倍程度まで拡大して患部を確認し、治療します。歯の奧は照明が届かず暗く、小さな領域のため肉眼に頼った治療には限界があります。マイクロスコープは正確な治療を行うために極めて有用です。

倍率2倍から5倍の拡大鏡も使用しています。低倍率ですが広範囲を見ることができます。

「治療は必要な分だけ行ってできるだけ天然歯を残す」という考え方に立ち、患者さまのご意向もふまえながら、「なるべく天然歯を残す」治療を心がけています。
初期う蝕(軽い虫歯)があるときはすぐに削るようなことはせず、定期健診でフッ化物を使いながら再石灰化を促進させていきます。そのためにう蝕の進行程度を把握するための光学式う蝕検出装置-ダイアグノデント ペン-を使用し、う蝕歯のもつ特性である蛍光反射を読み取り進行具体を数値化していきます。ダイアグノデント ペンによる診断は光学式・非接触ですので痛みはありません。

詳しい説明

咬み合わせ(咬合)が悪いとそれ自身が、虫歯を作る要因になったり、頭痛、肩こりの原因になります。患者さんの口腔内をよく診察し、どのような口腔環境を実現すればよいか、治療方針を分かりやすくご説明します。


スタッフ全員で患者様のお口の健康づくりをサポートします。

Copyright (c) Takata Dental Clinic. All rights reserved.