受付
9:00~12:00/14:00~18:00
※土曜日は17:30まで

オンライン初診受付予約はこちら 診療のご予約はお電話はこちら 088-698-0555

虫歯治療

応急処置から根本治療まで
虫歯治療は悪い患部を削って、被せるだけの治療ではありません。

虫歯の原因あるいはその結果として悪化している歯ぐきや、咬み合わせなどに考慮し、その上で治療計画を立てて治療を行います。

痛みが自覚できるような虫歯の場合は、ときどき痛みが治まることがあっても、虫歯そのものは進行していっています。治療が必要です。
治療が遅れれば遅れるほど歯の傷みは進んでいき、治療箇所が大きくなってしまいます。場合によっては他の歯にまで影響が広がらないようにするために抜歯せざるを得ないこともあります。

大人は抜歯をすると、義歯あるいはインプラントといった方法で補うようになりますが、通常の虫歯治療とくらべて治療期間、治療費ともに負担の大きなものとなってしまいます。
子供の乳歯であっても虫歯で失う場合と自然に永久歯に生え替わるのでは顎の成長に与える影響が異なります。
大人も子供も痛みがある場合は治療を受けるようにしてください。

また、痛みがない場合でも虫歯にかかっていることはよくあります。この段階で発見できれば削らないで進行を止める予防治療で様子をみることができます。歯はとにかく削らずにすむようにするのが一番です。

治療は必要な分だけ行って、できるだけ天然歯を残す

「治療は必要な分だけ行ってできるだけ天然歯を残す」という考え方に立ち、患者さまのご意向もふまえながら、「なるべく天然歯を残す」治療を心がけています。

虫歯治療において金属の詰め物をするためには形を整えるため健康な歯質も削らなければなりませんが、レジン(歯科用プラスチック)で補える形状なら虫歯に汚染された部分を削るだけで済みます。小さな虫歯は治療前に把握して削る量をさらに抑えられるようにしています。

 

「なるべく天然歯を残す」ためには、従来なら抜歯してしまうような重度の虫歯の根管治療にも取り組まなければなりません。歯の根っこである根管はとても複雑な形状の細かい部分で、除菌が不完全だと詰め物をしたあとで再び炎症を起こしてしまいます。当院では、根管治療をていねいに行うために、肉眼では見えない細かなところまで見えるようにできるマイクロスコープ(拡大鏡)や根管形成のためのエンドモーターを使用するなどし、手探りではない治療を行っています。

マイクロスコープによる精密治療

治療が怖い?

歯医者さんの治療は痛いからイヤという方もいらっしゃるでしょうが、最近は麻酔技術が高くなり、まず麻酔そのものが痛くないように工夫されています。治療そのものも麻酔が効いているのであまり痛みを感じることはありません。

我慢したり治療を怖がったりせず、自分の歯を守るために歯科医院に相談してみてください。

歯は体全体に影響を及ぼします

歯は人間の骨格同様に体のバランスをうまく保つために重要な役割を持っています。ですから歯を削って、合わないかぶせ物や詰め物をつけたことにより、自分では気付かないうちに噛み合わせが悪くなってしまうことがよくあります。噛み合わせが悪いと肩こり、偏頭痛、腰痛などの様々な症状を引き起こし、全身に悪影響を与えます。

それだけでなく噛み合わせが悪いと、噛んだときに全体に力がかかるのではなく、一部に偏って力がかかり、その部位の歯ぐきに過剰な負担となります。

しかし悪い歯を治し、噛み合わせを改善すると、肩こり、偏頭痛、腰痛などの症状が解消されたという臨床例は数多くあります。それだけ歯が体全体に及ぼす影響は大きいのです。

「肩こりがひどい」「偏頭痛に悩まされている」そのようなお悩みをお持ちの方は整形外科や内科だけではなく、歯科医院で噛み合わせを含めた歯科検診を受けることをお勧めします。

12歳までの歯を守る カムカムクラブ オトナの歯科ケア ウェルカムクラブ

Copyright (c) Takata Dental Clinic. All rights reserved.