受付
9:00~12:00/14:00~18:00
※土曜日は17:30まで

オンライン初診受付予約はこちら 診療のご予約はお電話はこちら 088-698-0555

義歯(入歯)

動物にとって歯を失うというのは、食べられなくなることですから、死に直結しています。人間は「入れ歯」を発明することで、歯を失っても食べることができるようになりました。これは寿命を延ばす大発明だと思っています。

すべての歯を補う「総入れ歯」と1本から複数本の歯を補う「部分入れ歯」とがあり、自費診療を含めるとさまざまな素材や処置方法から選択することができます。 当院では患者さんの口腔内の状態をよく診察して、適切な方法を提案しますので、現状の入れ歯やブリッジに不満のある方も、ぜひご相談ください。

「よく噛める」「はめ心地がいい」入れ歯作りを

「入れ歯」の良い点は保険診療で作れることです。食べられないことは命にかかわることですから、経済的理由で入れ歯が作れないということでは困ります。「入れ歯」は費用対効果という面ではとても優れたものです。(入れ歯にも保険適用外のものがありますがそれでも費用対効果は優れています)

「入れ歯」の欠点は、建物に置き換えて説明すると、基礎工事をせずに地面に置いただけのようになっていることです。このようにいうと、すぐに滑り落ちそうに思えますがそうではありません。人間の歯茎は平らな地面と違って、凹凸があります。ですからこの凹凸に合うように、入れ歯の底面を作れば、滑り落ちるようなものではなく、日常の食事には差し障りのないしっかりと噛める「入れ歯」を作れます。

よい「入れ歯」をつくる3つのポイント

  • 口腔内の状態を見極めて前処置をしておくこと
  • 入れ歯底面の凸凹を歯茎に合うように調整すること
  • 上の歯と下の歯の噛み合わせを調整すること

私たちは義歯の最新治療方法であるインプラントにも習熟していますが、義歯の原点である「よく噛める」「はめ心地がいい」入れ歯作りを大切にしています。

入れ歯の定期的な調整を!

「入れ歯」が合わなくなったという方が多くいらっしゃいますが、その原因の多くは、歯茎の変化です。加齢とともに歯茎の量も堅さも変化していきます。土台である歯茎がどんどんと変化していくのですから、その上に載っている入れ歯を調整しなければ、グラグラしたり、場合によっては痛かったりします。そういう状態にならないためにも定期的な調整を行ってください。

インプラントも選択できます

インプラントは、顎の骨に埋入された人工の歯根を基礎とする方法、ブリッジは両隣の天然の歯を基礎とする方法です。このように歯の基礎を何にするかで「義歯」は分類されています。

 

12歳までの歯を守る カムカムクラブ オトナの歯科ケア ウェルカムクラブ

Copyright (c) Takata Dental Clinic. All rights reserved.